Bg top
Bg bottom

FOLLOW YOUR VISION

ALS患者が、発症後も正常に機能を保つことができるといわれる「眼球」の動きに着目。
センシング・デバイス JINS MEME を活用し、
眼の動きによって様々な電子デバイスのコントロールを目指す、
ALS支援ソリューション開発プロジェクト。

体を動かす運動ニューロン(神経系)が変性し、徐々に壊れてしまう疾患です。 運動を司る神経の変性によって筋肉への命令が伝わらなくなり、筋力の低下を引き起こします。 しかし、意識や五感、知能の働きは正常のまま。 発症してからの平均余命は3~5年と言われ、世界で40万人、日本には9,200人超の患者がいます。 ALSの進行によって、手足の麻痺による運動障害、コミュニケーション障害、 嚥下障害などの症状が起こり、最終的には呼吸障害を起こすため、 延命のための人工呼吸器の装着が必要となります。 極めて進行が速く、現在、治癒のための有効な治療法は確立されていません。

SYSTEM

JINS MEME BRIDGE

JINS MEME BRIDGE

2017年2月上旬、Google Play にて公開予定。

センシング・アイウエア JINS MEME の眼電位技術により、
リアルタイムで取得される視線移動やまばたきの情報を、
独自のアルゴリズムを通じて、デバイスをコントロールするコマンドへと変換。
“眼の動きだけで身の回りのデバイスを自由にコントロールする” という機能の根幹を担うアプリケーション。

JINS MEME + Control Bridge App Smart Phone App + Add On Electronics Device

OPEN INNOVATION

JINS MEME BRIDGE では、オープンイノベーション型の開発スキームを採用。
JINS MEME BRIDGE Platform として、アプリケーションのソースコードを公開し、
本プロジェクトに共感する世界中のデベロッパーによる自由な開発を推奨します。

カメラ撮影、メール送受信、ミュージックプレーヤー再生といったベースの機能のみならず、
デベロッパーの方々の柔軟な発想から生み出された多様なソリューションが実装されることで、
ALS患者のみならず、高齢者や生活の利便化を望む全ての人々のニーズに対して対応可能な、
IoTプラットフォームの創出を目指していきます。



この取り組みの導入として、JINS MEME BRIDGE Platform を活用したハッカソンを、
2017年2月より東京・大阪・福岡の三都市にて開催いたします。
ハッカソンより輩出された優れた作品は、
2017年3月にテキサス州・オースティンで開催されるSXSW(サウス・バイ・サウスウェスト)に出展させていただく予定です。
当プロジェクトと共に、グローバルに通用する日本発のIoTソリューションの創出に
挑戦してくださるエンジニアの方々のご参加を、お待ちしております。

ハッカソンに参加する